車を買う前に自分だけの印鑑作成

UPDATE CONTENTS

大人になったら印鑑一つは持ちましょう

印鑑。大人になると何かと必要になりますよね。銀行に宅配便の受け取りに、市役所に。印鑑を持つ、と言うのが一種の大人としての始まりなのかなと思います。頻繁に使うものには機能性を。大事にしまっておくものには少し高級品を。いまや印鑑の種類は数え切れないほど。その素材もさまざまで文房具のように多機能さを秘めたものも多く、選ぶのにも迷いますよね。印鑑の一つはいいものを選びましょう。印鑑証明などにも使えるものを一つ持っておくのも大人になったら必要だと思います。大人になったら今までの子供のときのように養育される立場ではなく大人として責任と義務が発生します。それと同時に自分がちゃんとその責務を果たしたと証明する時に必要になるのが判子と思います。事務や仕事にはシャチハタを一個は必要としますね。いちいち朱肉を使わず押せるタイプは重宝します。ペンタイプもありますができる大人としてはインクがなくなる前に控えは持っておきたいですよね。
宅配便やコンビニでの支払い受け取りにもサインを求められるか判子を、という時代です。とっさの時に出せるのは玄関前に一つ、バックに一つ。これは100円くらいの安物でもいいかも。いろんなところにいざって時のために予備においておきたいもの。そして銀行員、または役所で使うもの。型崩れしないきれいな判を押せるちょっと値のはる印鑑でもいいんじゃないでしょうか。一生の決断として家を買うとき土地を買うとき、さまざまな場面でも印鑑は必要でそれを100均の印鑑で済ませるのも、一生一度の決断に似合わないですよね。そういう時はそれなりのものを。木か石のようなものか。プラスチックな味気なさじゃないしっかりしたものがほしいところです。
大人になるとそうした用途ごとに印鑑は必要なもの。実印、認印、銀行印、角印などさまざま使うことになると思います。役職によっては役職印など持つことが一種のステータスを感じさせてくれる印もあるでしょう。印は大事なものです。場面場面のあなたの決断を示すもの。お一つはその決意を示すような品のいいものをぜひ、大人になったなら持ってもらいたいです。

使用頻度から見る印鑑の種類

印鑑には種類があるんです。ただ、普段の生活をしていて種類の分かれた印鑑をあれこれと使い分けて忙しい、なんていうことはまずないはずです。一般的な生活をしている方にとっては使用頻度がかなり低い印鑑があるので、利用することになった時のために知識として吸収しておきましょう。
まず、一番使用頻度が高い印鑑である認印です。一般のご家庭であれば玄関先に置かれているということも多いのではないでしょうか。なにかを宅配された時に宅配員さんに促されて特定の場所に押す印鑑、あれが認印です。他にも申込書や契約書に押したり、とにかく普段使いする印鑑を認印といいます。
次に、使用する頻度が高いかもしれないというものが実印です。自身が住民登録している自治体に届け出て認可された印鑑のことで、人生の中でも数回押すか押さないかという程重要な契約時に使用するものです。土地、建物の売買時や自動車に関する取引など、人によっては触れないこともある契約時や取引時に使用するものです。
最後に、銀行印です。名前の通り金融機関で口座を開設する時に使用するものなんですが、こちらも人によっては一生で一度や二度という場合もあるでしょう。実印と銀行印というのは人によって使用頻度が変化するものなのでどちらが多いとも少ないともいえません。初耳だという印鑑があったなら、印鑑には種類があるんだということを頭に入れておき、もしもの時に備えておきましょう。

印鑑をネット通販で購入する時の注意点

最近では実に多くの印鑑のネットショップがあり、どこにしたら良いのか迷ってしまうのものです。印鑑をネット通販で購入する際の注意点は以下の通りです。
印鑑をネットで欲しいと思う人の中には、すぐにでも印鑑が必要だけれど仕事で忙しくて印鑑屋に行っている暇はない、という人もいます。その様な場合、「即日発送」とPRしているショップを選ぶ人も多いのですが、あまり急がないのがコツです。何故ならば、最近ではネット上で「印影」を確認することができるサービスも多いからです。即日発送だと印影確認が間に合わず、届いてから「これで使えない」等とトラブルになるケースもあります。
印鑑のネット通販では、10年などの保証期間があるところを選びます。印鑑は良いもの程ネット通販でもそれなりの値段がしますので、保証書があった方が安心です。保証内容も良く確認して、破損した時などの条件も把握しておきましょう。
印鑑のネット通販の場合、何となくイメージで選んで購入してしまう人もいます。しかし印鑑には男女別や用途に合った素材というものがありますので、単なるイメージではなく、まず自分にはどの素材が合っているのかを確認してから注文しましょう。オシャレやデザイン性ではなく、印鑑のことに熟知したショップを選ぶ様にしましょう。

印鑑はネットで購入することが可能な時代です。わざわざ店舗に足を運ばなくても、パソコン一台あれば気軽に購入できるのです。ただし、印鑑が専門要素の強いものですので、わからないこともかなりあると思います。そういったときはネットを介して相談するよりも、直にお店の方にアドバイスをもらうというのもいいでしょう。自分に合った方法で印鑑を購入するようにしましょう。

PICK UP CONTENTS

判を押す女性

印鑑登録の前に知っておきたいこと

社会人になって車を購入する際に初めて「印鑑証明が必要です」と言われた人は多…

»readmore
大切な資料

印鑑の書体の種類とその特徴

印鑑の書体には次のような種類のものがあります。まずは吉相体です。これは篆書…

»readmore
ハンコ

手軽に入手できる印鑑

私の苗字は割と珍しい名前だったので、出来合いの印鑑の中には入っていないこと…

»readmore